2021年4月20日火曜日

礼拝後の茶話会(4月18日)! Tea break after the worship!

今日の礼拝後
2021年度の田尻教会総会
が行われました。

今年のペンテコステ礼拝で
創立百周年を迎えます。

We also had an English sermon in today's worship.
Anyone who is interested in English or wants to improve their
English is welcome to attend.

次週(25日)に
歌う讃美歌は
We shall overcome!

奏楽者はw先生ですよ
田尻混声合唱団の指導者です。


皆さん
緊張していますね?!

毎週の説教要旨の英語版も用意していますので
必要なお方は友川栄牧師に、お声がけください!

We have prepared an abstract of the English sermon, 
so please feel free to contact the Rev. Skakae Tomokawa.

 

2021年4月9日金曜日

満を持して

We are about to begin!

いよいよ 始めます?!


 田尻教会では今月(4月11日)から説教の要旨を英語で行うことを始めます。簡単な英語ですので、英語を上達したい方や英語に興味がある方なども、どうぞご出席下さい。尚、礼拝の中では献金がありますが、ご準備のある方で構いません。ご理解ください。尚、礼拝に参加なさる方はマスクをご用意いだたければ幸いです。マスク着用のままで礼拝を行います。礼拝時間は約1時間30分程度です。距離を取りながらの礼拝となります。


Tajiri Church will start giving sermon abstracts in English this month(April 11).

If you would like to improve your English or are interested in English, Please attend.

In addition, there will be an offering during the service. If you are ready to give,

that’s fine. Thank you for your understanding. If you would like to participate in the 

service, please bring a face mask. The worship time is about 1 hour and 30 minutes.

We are holding the service while seated at a distance to prevent Covid-19; new corona

infection.

2021年3月28日日曜日

【The English Sermon】The way to Crucification March 28th 2021

 The way to Crucification

Preaching proclaimed by Rev.Sakae Tomokawa at Tajiri Church on March 28th 2021


Mathew 27:32 through 44
th tells how Jesus was crucified on the cross. The passage tells not only Jesuss passion but also every Christians way how to follow Jesus. When Jesus was forced to carry the cross, they happened to meet a man called Simon from Cyrene. Mark tells at 15;21 in Jesuss passion narrative as follows They compelled a passer-by, who was coming in from the country, carry his cross; it was Simon of Cyrene, the father of Alexander and Rufus. Romans also tells at 16:13 as follows Greet Rufus, chosen in the lord; and greet his mothera mother tome also.

Many people assume this Simon believed Jesus as his
savior later on. No one knows how and what happened to him. There is one thing we are sure about Simon is this. He carried the cross and followed behind Jesus . But we should not forget he was forced to carry the cross compulsorily not with his will. We have many reasons to become a Christian. Our faith brings us joy and appreciation and sometimes require patience and greif. We should not forget about it.

I believe Simon felt the weight of the cross. I imagine he saw Jesus
death and heard Jesus said. So Simon could believe love of God Jesus told.

P
lease take a close look at what people, the elders, the chief priests and the scribes did to Jesus. They were mocking him saying He saved others; he cannot save himself.let him come down from the cross now and we will believe in him. A German theologian Walter Luthi writes high ranking people cries Jesus on the cross saying save himself. A multitude cries the same thing . Soldier also cries the same. This cry save himself is our cry. But Jesu did not come down the cross even though he can. The words of if you are son of God, come down from the cross is the same tempted Jesus in the wilderness. That temptation is dealing with miracle and money and fame people are eagerly after. We human being are weak in these matters.. There are so many religions that help us make those things come true easily. It could happen to anyone. It was a time church growth was so popular back in late 1970 through 1980. That idea is that the bigger is the better. But things has changed darastically due to Covid-19 Coronavirus. This Coronavirus sounds an alarm bell on this way of thinking. Tajiri church is very small . Let us continue to live in hope following Jesus way of living The way to Crucification: Love of God: It is more blessed to give than to receive”.

【説教要旨】 「十字架への道」マタイによる福音書27章32~44節 2021年 3月28日(日)

 

「十字架への道」 

友川栄

マタイによる福音書27章32~44節 2021年 3月28日(日)


マタイ福音書27章32節以下の記事に主イエスが歩まれた「十字架への道」が記されている。それは単に主イエスのみ苦しみが書かれているだけではない。主イエスに従うキリスト教信仰の精髄が暗示されていると受け止めたい。主イエスが十字架につけられる時に一人の人物が登場する。マタイ福音書は「シモンというクレネ人」とあるがマルコ福音書は「アレキサンデルとルポスとの父シモンというクレネ人」(1521)と記す。ローマ書には「主にあって選ばれたルポスと、彼の母とによろしく、彼の母は、わたしの母でもある」(1613)とある。


このシモンは恐らく後にキリスト者となったのではないか。このシモンは自分から十字架を負うたのではない。半強制的に十字架を背負わされたのだ。キリスト教に入信する機会は人それぞれの理由があろう。だが、キリスト教信仰には喜びと感謝と同時に苦悩や悲しみや忍耐が伴うことを忘れてはいけない。シモンは主イエスの十字架の重みを実感したのではないか。後に主イエスが語った「神の愛」の深さを徐々に納得させられたのではないか。


他方、群衆や祭司長、律法学者、長老たちは主イエスを愚弄した。彼は「神殿を打ちこわして三日目にうち建てる者よ、もし神の子なら、自分を救え。そして十字架からおりてこい」(40)とののしる。十字架からおりてきたら信じるとさえ言う。W.リュティは「高い地位の者たちは、十字架に向かって『自分を救え』と叫ぶ。群衆も、彼らの叫びに声を合わせる。兵士たちも『自分を救え』と叫ぶ。・・・「自分を救え」・・・これが私たちの人間の叫びである。」(この日言葉をかの日に伝え:3月31日黙想)と述べる。だが、主イエスは十字架から降りることはしなかった。「もし神の子なら、自分を救え」とは主イエスが悪魔から誘惑された時の誘いの言葉である。「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように命じてごらんなさい」(マタイ4章3節)。人間は奇跡や富や名声に弱い。だから、何とご利益をもたらす宗教が多いことか。これは他人事ではない。かつて、キリスト教でも「教会成長」という言葉が跋扈した。あたかも、教会員が多ければ多いほど教会は良いという思考である。昨年から新型コロナ感染で世界中が危機に瀕している。まさに、三密への警鐘である。それだから、私たちは主イエスが歩んだ「十字架への道:神の愛:受けるより与えるほうが幸いである」という狭い道を歩んで行きたい。

2021年2月17日水曜日

2月14日礼拝後の茶話会

昨夜(2月13日)の地震は
怖かったですね?!

今日も守られて
礼拝が出来たことは感謝ですね!




 

2018年6月12日火曜日

T牧師夫妻が出席!

お祈りに感謝します!

T牧師夫妻
結婚40周年です!




 

2018年2月2日金曜日

説教要旨

                     
                         
                    「主イエスに従い、生きよ」   牧師:友川栄
マルコによる福音書8章27~33節

   イエス・キリストがピリポ・カイザリヤで弟子たちと交わした問答はキリスト教信仰の精髄を示していると受け止めたい。イエス・キリストは弟子たちに「あなたがたはわたしをだれとだと言うか」と尋ねた時に、ペテロは「あなたこそキリストです」と見事な信仰告白をする。ローマの支配から解放する「救い主」と考えて自信満々と答えたのではないか。だが、イエスは「人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちに捨てられ、また殺され、そして三日目によみがえるべきことを、彼らに教えはじめ、しかもあからさまに、この事を話された」(31、32節)時、事態は一変する。

   ペテロはイエスをわきへ引き寄せていさめ始める。イエス・キリストの御心を承服しかねたのだろう。ペテロは自分の考えをイエスに押し付けようとする。自分の願いが叶うことを最優先したのだ。ここに最大の罪がないか。弟子たちを初めとする人間の思いや祈りを優先する罪だ。それに対するイエス・キリストの叱責に留意したい。「サタンよ、引きさがれ。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている」(33節)「引きさがれ」とは「後ろに退け」が原意に近い。信仰が熱心であればある程、意外と自分の我を通そうとしないか。熱心さが神の御心を軽視することも起こり得る。イエス・キリストはそこに「あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている」岩盤のような罪を喝破する。

   更に、イエス・キリストはその罪から自由になる救いの道を示す。「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」がそれだ。「自分を捨て」をある英訳は「忘れ、無視し、自分のものと認めず、自己や自分の利益を忘れる」と補足する。「十字架を負う」とは試練に耐えるという意味ではない。神や他者のために労することを厭わないという積極的な意味だ。「わたしに従ってきなさい」も「Joining Me as a disciple and siding with My party:弟子としてわたしに加わり、わたしを味方につけなさい」と的確に意訳する。それに「継続して、このわたしに堅く忠実にしながら」と記す。主イエスに忠実に従い、神の御心に適うよう生きていきたい。