2022年6月26日日曜日

【The English Sermon】”Live in the Joy of Serving ” On June 19th Gospel according to Mark 1:29~34

 ”Live in the Joy of Serving ”

On June 19th
Gospel according to Mark 1:29~34


    The Gospel of Mark 1:29-34 is paralleled in the Gospels of Matthew and Luke. It is said to be based on an oral tradition that was circulated in the early church. We would like to take it as a description of the amazing events of God as conveyed by Simon (Peter). No, is not the vital point of family evangelism implied?

    Simon and Simo’s brothers, James and John, the sons of Andrew and Zebedee, had already become disciples of the Lord Jesus, as is written in Chapter 1, verse 16 and following. They made the decision to leave their nets, fathers, and employers and follow the Lord Jesus at His invitation, ”Follow Me. But the Lord Jesus returns to the home of Simon and Andrew.” Did Simon’s family plead with the Lord Jesus?

    Then a strange thing happens. Simon’s mother was lying in bed with a fever, and the people immediately told Jesus about her. Jesus went to ’er, took her by the hand, and woke her up. “The fever went away, and she entertained them all” (vv.30, 31). The phrase "entertained: meaning to serve, to take care of food, clothing’ and shelter" is in the imperfect past tense, which implies continuity.

    Simon's mother-in-law continued to serve the Lord Jesus after this. Not once or twice, but repeatedly, over and over again, she must have continued to offer hospitality. The Bible describes those who were watching the horrific scene when the Lord Jesus was crucified as "these women are those who followed Jesus and cared (the same word as hospitality) for Him when He was in Galilee" (chap. 15, v.41). (v. 41).

    Simon's mother-in-law must have lived in the joy of serving the Lord Jesus. Furthermore, we must not forget the important teaching that the Lord Jesus gave at the risk of His own life. He said, "He who wants to be great among you should be a servant of all, and he who wants to be first should be a servant of all. For the Son of Man came not to be served but to serve, and to give his life a ransom for many" (10:43-4). (v. 5) The word serve here again is the same word as entertain. It is the salvation and redemption of the cross of the Lord Jesus. Simon's mother-in-law must have bet on that.

    What is surprising is Simon's wife. Paul states in Corinthians I, Chapter 9 verse 5, Paul says, "Have we not the right to walk with wives who are believers, like the other apostles, the brethren of the Lord, and Kephas (Peter)? Peter's wife has become a Christian. The attitude of his mother, who continued to serve the Lord Jesus, must have had some influence on him. Let us not forget that the fear of God and willingness to serve others is a step toward evangelism.

【説教】 「仕える喜びに生きよ」2022年6月19日  マルコによる福音書1章29~34節 

 「仕える喜びに生きよ」

2022年6月19日 
ルコによる福音書1章29~34節


  マルコ福音書1章29~34節はマタイ、ルカ福音書にも並行記事が書かれている。初代教会に流布されていた口伝に基づくとされている。シモン(ペトロ)が伝えた神の驚くべき出来事が書かれていると受け止めたい。いや、家族伝道の急所が暗示されていないか。

    シモンとシモンの兄弟アンデレとゼベダイの子ヤコブとヨハネは1章16節以下に書かれているように、既に主イエスの弟子となった。彼らは「わたしについて来なさい」との主イエスの招きに、網や父や雇人を捨てて主イエスに従う決断をした。だが、主イエスはシモンとアンデレの家に戻る。シモンの家族が主イエスに嘆願したのだろうか。

    そこで不思議なことが起こる。「シモンのしゅうとめが熱を出して寝ていたので、人々は早速、彼女のことをイエスに話した。イエスはそばに行き、手を取って起こされると、熱は去り、彼女は一同をもてなした」(30、31節)とある。「もてなした:奉仕しや衣食住の世話をする意味」とは継続を意味する未完了過去形なのだ。

    シモンの義理の母はこの後、主イエスをもてなし続けたのだろう。一度や二度ではなく繰り返し、繰り返し何度も、もてなし続けたのではないか。主イエスが十字架に架けられた時に、その凄惨な様子を見ていた人々を「この婦人たちは、イエスがガリラヤにおられたとき、イエスに従って来て世話(もてなすと同じ言葉)をしていた人々である」(15章41節)と記す。

    シモンの義理の母は主イエスに仕える喜びに生きたのではないか。更に、主イエスがご自身の命まで賭けて語った大切な教えを忘れてはいけない。「あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者となり、いちばん上になりたい者はすべての人の僕になりなさい。人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである」(10章43~45節)「仕える」との言葉は「もてなす」と同じ言葉である。主イエスの十字架の救いと贖いである。シモンの義理の母はそこに賭けたのではないか。

    驚くべきことはシモンの妻である。パウロはコリント書(一)の9章5節にパウロは「わたしたちには、他の使徒たちや主の兄弟たちやケファ(ペトロ)のように、信者である妻を連れて歩く権利がないのですか」と述べる。ペトロの妻はキリスト者となっている。主イエスに仕え続けた母親の姿勢が何らかの影響を与えたのではないか。神を畏れ、他者に喜んで仕えることが伝道の一歩であることを忘れまい。

2022年6月12日日曜日

6月中旬ですよ!


前任者
小久保達之祐先生の
話題で茶話会が盛り上がりましたよ。

小久保先生は当教会で
46年6ヶ月間という気が遠くなるほどに
わたって牧会をして下さいました。
今日の田尻教会の礎を築いてくれた牧師です。

T牧師曰く
東北学院大学の二年生の頃
親友のS兄に「『英語で聖書を読む会』に
誘われなかったら、教会に通うこともなかったでしょう」
50数年前の話ですよ。

人生は本当に分からないですね。



 

2022年6月11日土曜日

三浦綾子読書会が今日からスタートしました!

三浦綾子さんの自伝
「道ありき」を参加者全員で
輪読しました。

難解な箇所もありますが
三浦綾子さんの苦難に満ちた
人生から現代につながる貴重な示唆を頂きました。

「道ありき」
参加者全員で輪読



輪読後
自己紹介を兼ねて
「道ありき」の感想を一言



田尻混声合唱団
元会長のEさん

何とご主人が
T牧師の実兄と同級生とは
世間は狭いですね・・・


 
最後は参加者
全員で記念撮影

参加者のみなさん
遠路はるばる田尻教会に来て
頂きありがとうございました。

三浦綾子の魅力を「再発見」していきましょう。

また次回
お会いしましょう!
「道ありき」をご持参ください
ノンクリスチャンの方も大歓迎ですよ!

次回の「三浦綾子読書会」
7月9日(土)午前10時30分~11時30分
於:田尻教会
問い合わせ:担当者 牧師 友川栄
携帯:090-1809-3786















 

2022年6月6日月曜日

田尻教会の創立記念礼拝(ペンテコステ礼拝)!

今日は
ペンテコステ礼拝でした。
田尻教会は創立101周年を迎えました。
感謝ですね。

礼拝後、創立百周年記念
(2022年のペンテコステ礼拝)
の一環として田尻教会史や
E.H.ピーターソン著の「聖書一日一章」(仮題)
の翻訳等々に関してM兄が詳細に説明をして下さいました。

T牧師
故郷の田尻教会に招聘されて
丸10年が経ちました・・・

T牧師の前任者
小久保達之佑先生は何と46年間以上も
田尻教会を牧会したのですから・・・
正に巨匠ですね。

T牧師曰く
「後何年牧会できるか、神のみぞ知るですが
焦らず、驕らず、神の栄光を表す
教会形成をなすだけです・・・」
 




今から
約30年前から40年前の
懐かしいアルバムも披露!

皆さん 若いですね?!

何と
T牧師が
アメリカのロサンゼルスで
在外教師として奉仕をしていた時の写真も・・・



 

2022年5月29日日曜日

5月最後の日曜日

今日は
5月最後の日曜日ですよ・・・

T牧師の実兄
田尻混合唱団の指導者
W先生も出席して下さいました。

讃美歌の奏楽はW先生
時折、涙が込みあがることもあります。


礼拝後は「讃美歌21」の83番
讃詠をパートに分かれて練習

アカペラで賛美できそう???

T牧師曰く「ハーモニー」が徐々にレベルアップしているのでは・・・と。

礼拝後の懇談は弾みますね!

O兄も
出席下さいました。
有難うございました。



コロナ感染予防のために
懇談中もマスク着用ですよ・・・



兎に角
過信は禁物!

田尻混声合唱団のメンバー
募集中です。特に男性の方
大歓迎ですよ。

三浦綾子読書会
6月11日(土)午前10時30分~11時30分
(毎月第二土曜日午前10時30分~11時30分)
田尻教会の礼拝堂でスタートすることにしました。

コロナ感染やロシアによるウクライナ侵攻という
未曾有の時代に、三浦綾子さんが生前から平和に関して
積極的に参与してきた生きざまに学びたいと「三浦綾子読書会」を
始めることとしました。三浦綾子さんが自伝として書いた「道ありき」
を題材に皆さんで輪読形式で始めたいと願っています。「道ありき」をお持ちで無い方は
6月11日(土)午前30分~11時30分の最初の「読書会」で後日購入願うなど、参加者のご意見を伺いながら適切に対応をするつもりです。もうしかすると参加者が大勢になる場合はお断りするかも知れませんので、早めにご連絡いただければ幸いです。

連絡先は下記の番号
担当者は友川栄牧師::田尻教会の固定電話:0229(39)0452
あるいは友川栄牧師の携帯電話:090(1809)3786

 

【The English Sermon】“Keep praying in the name of our Lord Jesus.” Delivered on May 22, 2022 Gospel of John 16:16-24

 “Keep praying in the name of our Lord Jesus.”

Delivered on May 22, 2022
Gospel of John 16:16-24

    The message from John 16:16-24 is a consoling exhortation given by the Lord Jesus to Christians who were experiencing harsh persecution. I want to take it as a comforting advice from the Lord Jesus to the Christians who were facing severe persecution. The Lord Jesus repeatedly said, "In a little while you will not see me, but in a little while you will see me again.” The disciples did not understand the Lord Jesus' teaching at all.

    The "ceasing to see" means that the Lord Jesus would die on the cross. The phrase "you will see Him again in a little while" probably means that the Lord Jesus has risen and that you can still encounter Him through the Holy Spirit. Christians believe that the Lord Jesus is still alive and working.

    The Lord Jesus also said, "I tell you the truth. You weep and mourn, but the world rejoices. You will grieve, but your grief will be turned into joy"(v. 20). Belief in God does not mean that affliction and sorrow will cease. Life is not that easy. Young people have their own struggles.

    The elderly have a sense of loneliness that cannot be described in any way. However, for those who believe in God, there is a way of escape and hope shown by God, who is in control of life and death, even in the midst of tribulation.

    The Lord Jesus compared it to a woman giving birth to a child. I was blessed with three children, but I had no idea of the pain my wife felt in childbirth. I just sat in a room near the delivery room and gawked. I still vividly remember my wife’s shrieking screams as the birth approached.

    However, I will never forget the joy and serenity on my wife's face when each child was born.

    Furthermore, the Lord Jesus said, "...now you also are grieving. But I will see you again, and you will rejoice with all your heart. No one will take away that joy" (v. 22). Finally, the Lord Jesus says, "In that day you will no longer ask Me anything, for I will be with you again" (v. 23).

    “I tell you plainly. If you ask anything of the Father in my name, he will give it to you. Until now you have not asked anything in my name. Ask, and it shall be given you. Ask, and it will be given to you, and you will be filled with joy" (vs. 23, 24).

    One English translation of ”in my name" (The Amplified Bible) refers to Exodus 3:14. This is the word of God to which Moses is called. It is God Himself who created heaven and earth and all things. Praying in the name of the Lord Jesus is such a serious and profound thing. To pray in the name of the Lord Jesus is to stand before God, who knows everything. It is an encounter with God who knows our faults, our laziness, our arrogance, our shallowness, and so on. We may be shown God's judgment in one way or another. Or we may be given healing and comfort.

    Some English translations of the word "ask" translate it as "keep on asking.” It is not enough to ask once or twice. We must keep praying for God's will to be done, week after week, year after year, decade after decade. God always hears our prayers.